【施術内容】

◆どういった施術をするのか

プロボディデザインと言う技術で、
優しく触れたり撫でたり
軽くトントンとカラダにタッチし、
柔らかで女性らしい曲線美を粘土細工のように創造します。

オイルを使わず、
乾燥した部分には
引き締めクリームや保湿クリームを塗りながら
背中や腕、お尻や脚、顔などの緊張を緩め、
理想のボディラインを創ります。
基本、強い力加減の施術はありません。

なぜなら筋肉は
強い(きつい)刺激を与えると硬くなる特徴があるからです。

会陰部のケアは、
主にストレッチです。
(膣や肛門に指が入ることはありません)
おっぱいケアは、
粘膜である乳首を柔らかくしておっぱいを施術するため、
乳首を触りますが、
強制ではありませんので、
無理な場合はおっしゃってください。

◆なぜ会陰やおっぱいを施術するのか

肩や腰、首、足にコリや滞りができるのはよく知られています。
でも、筋肉ある箇所
血液やリンパ液が流れる箇所に、
こらない、滞らない箇所はありません。
会陰部もおっぱいも滞りますし、こるのです。

カラダからのサイン

顔のむくみや肩こり、
下半身の冷えやお尻や内もものたるみ、
便秘や黒ずみ、匂い、性交痛(セックス時の痛み)
さらには気持ちの緊張などは
会陰部分やおっぱいがこっていることで
身体に出てくるサインのひとつです。

***

ご来店

お着替え
(紙ショーツ)

ベッドに寝ていただく
(バスタオルおかけする)

施術スタート

上記の流れで

優しく触れたり撫でたり、
軽く指で『トントン』と触れ、
くびれや美尻、美脚、美背中、
顔のパーツを整え、

メリハリのあるボディラインを創っていきます。

***

肉体として存在する部分、
どこか『特別な場所』という所はなく
全てが平等であるということ。

つまり、

肩が凝るように、
腰がだるくなるように
足に滞り(むくみ)があるように

どこも同じように巡るし滞る

ということ。

おっぱいは滞らない、
会陰は硬くならない
膣はこらない。

なんて事はない。
と、考えています。

施術では、
背中や脚に触れるのと同じように
会陰のストレッチと
おっぱいの施術をし、
カラダを整えています。
(会陰は紙ショーツ、及びタオル越しに
触らせていただいてます)

会陰をストレッチすることで
膣内も柔らかくなるよう働きかけています。

場所は下記画像の場所。
肛門と膣口の間。

img_8563-2

体感は人それぞれですが
よくお客様から言っていただく事は

◆こんなに緩んで気持ちいいのは初めて
◆カラダって緩んでも上がるんですね
◆ここに来ると、彼(主人)に誘われるんです♡
◆肌の感覚が上がり、普段の何気ない行動を感じるようになった
◆女性らしくなったと言われる

ソフトタッチで物足りないという方もいらっしゃいますが
肌の感覚を取り戻すため、
自分の感覚を取り戻すためには
緊張をとく必要があります。

そして、
頑張りすぎている貴女に
力を抜いていただくため
力強い施術は致しておりません。

緩んだ状態でいる事が
一番自分の能力を発揮できる状態。

そして

肌感覚が上がる、感覚が鋭くなる
という事は、
体感だけでなく、感情もより鮮明になる

という事。

自分に正直になるために
自分の感覚をより敏感に取り戻すため
お勧めしているのが一人エッチなんです。

感じる事、感じた事を言葉にする事が
自分の感覚を取り戻したり自分の本音に気付く
一つの方法となります。

お勧めし、お伝えしているだけで、
実際に私がお客様に触れる事はありません。

施術を通して
ご自分の解放と
綺麗になる許可をしていただくようにサポートしてます。

見た目も、美しく
内側も、貴女らしく美しく。