【『売る』より先に『知って欲しい』】

貴女のキレイの軸を創る
セクシャルセラピストの小島慶子です。

先日こんな投稿をしたんです。

私としては
『必要ないのに
いつも必要になるかもしれないと、
持って行き、結局そのままで持って帰っちゃう』という
あるあるネタ。
そして、トイに関しては
『セクシャルな仕事をめっちゃ愛してはるのね』と
思っていただけるかと思っていたのですが

『商品売りたいのがめっちゃ出てる』と言われました。

『「物推し」だから』

と。

***

私が取り扱う商品には
特徴があります。

それは

私が使ったり着用して『ときめくかどうか』

取り扱った下着も
補正下着だから取り扱ったのではありません。
姿勢が良くなるから取り扱ったのではありません。

レースが美しくて、
着る度に、鏡で全身見て
自分に何度も恋するし
それだけで姿勢を良くしようって思える下着だったから。

化粧品も
肌の質感が気持ちよくて
化粧落として寝るのがめんどくさい時があった私が
毎晩ちゃんと顔を洗いたくなる化粧品だから。

大人のおもちゃもそうです。
こんな見た目可愛いもの、
今までになかったし、見つけた時は
パソコンの前から離れられないくらい釘付けになった♡

今までの『なんだかとっつきにくいイメージの大人のおもちゃ』の
女性がとっつきにくい商品、
罪悪感が拭えない見た目の商品が多かったのが今や
女性目線で作られた商品で、
手触りも見た目も
とてもおしゃれなものとなっているのが嬉しくて
知っていただきたくて持ち歩いてるんです。
(もちろん下着も、取り扱ってるものを毎日着用してます。)

私の仕事を聞かれた時に説明する際、
実際にお見せできればスムーズ、という意味もあります。

女性なら一度はある?(ない?)

見て見て、可愛い◯◯買っちゃったー♡

という、キュンキュンした
純粋な気持ちからの行動でした。

***

そんなに売りたい気持ちがでていたのかと
振り返ってみたのですが、
好きなものを取り扱っていることは
私にとっては幸せなことだし、
逆にいうならちょっと遠慮気味な投稿だったなと思うくらい(笑)

で、物推しと言われたのが悲しい気持ちになったので、それが何故なのか自分の気持ちを掘り下げてみると
私の好きなものを知って欲しかったから、という気持ちに気付けました。

ですが、これを教えていただいたことで
自分のやること、やりたいことが
また明確になりました。

私が何を伝えたくて
性というジャンルに身を置くのか。

行動し続けること、
発信し続けることが
初期はその数が大切であること。

今日15日もインスタライブ、
20:30〜やります♡
今日のテーマは『なりたい自分になるために必要なものとは?』

Instagramアカウント
@salon_cafune
こちらへどうぞ^ ^

投稿:

【プライベートサロンCafune】 Cafuneは『愛しき者に触れる』 というポルトガル語。 そっと優しく触れ、心身共に緊張を解き、緩めます。 緩むことでカラダとココロの感度が上がり 本来貴女の持つ曲線が蘇ります。 ◆曲線美を創る → オートクチュールデザインエステ → カウンセリングセッション (Cafuneの時間) ◆自分軸を創る → セルフプレジャー法・膣ケア・会陰ケア 性の解放が最高の自己開示と考えています。 自己開示ができ、受け入れてもらえた時 安心感に満ちます。 受け入れてもらう相手は、まずは自分自身から。 滋賀・京都・大阪・東京 ◆LINE@→@iaz0060b ※女性専門 好き♡シマリス・花・食 写真♡私が性=生命を感じるもの LINE@→@iaz0060b