kco問答【ゴムを付けてくれません】

貴女のキレイの軸を創る
セクシャルセラピストの小島慶子です。

Q:セックスの際、パートナーがゴムをしてくれません。
嫌なのですが、どう言えば良いですか?

今回のお悩み、意外と多かったりします。

その私の答えとしては

A:なぜゴムをしてくれないことが嫌だと思うのか、
どうなることが嫌なのか。
自分の気持ちと向き合ってみてください。
そしてそれを伝えた上でパートナーの想いも聞いてみて。

◆パートナーとのセッ クスで外せないこと

私、決めていることがあって。

【ゴムあり・外出し】じゃないと
セッ クスしないと。

これ、なぜなのだろうと考えたんです。
そしたら、出てきた自分の思いがこれ↓

出産願望がない

ということ。

◆なぜ出産願望がないのか掘り下げてみた

自分の気持ちを掘り下げてみました。

そして出てきたのが↓これ。
私は出産して、子供ができることで
下記のことを解決できないかもと考えていることもわかりました。
┣自分の自由がきかなくなること
┣創業支援で借りたお金の返済が仕事ができなくなることで返済できなくなる
┣出産が怖い(つわり・陣痛)

これが私。
素直な私の気持ちです。

わかってるんです。

子供がいても自分のしたいことをしている方も多くいらっしゃるし
ご主人が養ってくださっている方も知ってますし
お腹に子供が宿れば、出産が楽しみに変わることもあると思います。

それをもわかっていながらも(頭では)
今、出産する選択肢が私にはないんです。
※↑子供が産みたいと思った時に
その時のパートナーと話し合えば良いかと思てます。

今は自分の好きな仕事をしていたいんです。
↑これも思い込みじゃないかと掘り下げてみたけど
これは言い訳じゃなかったです。

以前、
お付き合いした人との間に子供が欲しいと
思ったことがありました。

でも、相手は妻子持ち
いわば不倫です。

叶うはずもなく、
というよりかは
叶える気がなかったのかもしれません。

セッ クスする目的は
子供を授かるためだけしかダメだと思っていたり、
離婚後にお付き合いしたので、
ゴールが結婚じゃない相手を
無意識に選んだ気がします。

◆断れなかったワタシ

自分の『セッ クスにおける気持ち』が
はっきりわかっているときちんと伝えられることができます。

なんて今では言えますが、
昔は全然断れませんでした。

嫌われたくなかったから。
浮気されたくなかったから。
いざこれから!という時にムードを壊したくなかったから。
真面目って思われたくなかった…のか?

付き合いたての頃はゴムを必ずしてくれてたパートナー。
だんだんゴムが痛いと言い始め、
ビッグサイズを買って試すものの
すぐ萎えてて。

ラテックスアレルギーなのかと思い、
ポリウレタン製のものを買うも合わない。

で、ある日言われたのが

ゴムに2人の関係の隔たりを感じる

結婚していれば、その隔たりになるゴムはなく
相手の温度を感じられるのに、
慶子がゴムをしてと言ってくる度に
壁を感じる。

俺たちは終わった方がいいんじゃないか。

終わろ!

と、言えなかった。

で、結局どうしたかというと

ピルを飲み始めたんです、私。
世間体的には
子宮内膜症の予防と称しました。

本当は
別れたくなかったし
浮気されたくなかったから。
セッ クスで愛情を試してました。

愛情を受けたくてピルを処方してもらい、
ピルを飲み始めたら

『ただのヤリマンやん』

と言われたこと覚えてます。

◆本当の自分の想いと向き合った

セッ クスを通して気付いた自分の価値観。
それがかけ離れすぎ、理解し難いものでした。
ですが、自分の気持ちに自信がなく、
感情にさえも正解・不正解を探していたこと、
彼に自分考えを委ね、依存していたこともあり
離れることができず、
ずっと彼の意見を自分の意見のように言い聞かせてきました。

気付いてたんです。薄々。

自分の気持ちに。

私は本当にこの彼と付き合いを続けたいのか?と。

この疑問が頭をよぎったら。
あれよあれよと出てくるワケです。

自分が自分の人生に何を望んでいるのか。

こんなに我慢して合わせてるのに
彼は何一つ変わらない。
むしろもっともっとと求めてくる。

私が求めると別れるという。

私が我慢しなければ
彼との付き合いは続けられない。
それをどう思っているんだろ。

というか、
『我慢する』という選択肢を選んでいるのは他でもない私自身。
その自分の感情を殺してまでする我慢の上に成り立つ関係って

合わないってことじゃないの?

喧嘩しないでうまくいくように
相手に合わせ嫌われないように
好かれるようにしてる我慢って、必要?

という思いが溢れ、止められなくなり
とうとうお別れしました。

◆死んでるように生きていた

付き合う人を通し、
たくさんのいろんな自分(価値観)を見つけました。

その自分の価値観に自信がなく、
世間の当たり前に合わせ、
まともな人だと思われるようにしてきた。

そうすればするほど
誰かの常識に縛られ(正確には自分で縛って)
身動きが取れず(正確には自分で抑え込み)
感情を抑えてた。

『自分』の思いを言わない状況がどんなにしんどいか。
言わなければ自分の想いは伝わらないのに。

思い込みからの悪循環。

その思い込みですら
自分の今まで信じてきた常識に則ってきたものなら
それに自分を当てはめるのをやめよう。

扉の空いている枠にわざわざ自分で入っていって
出してくれっていってるようなもの。

酸素ボンベあるのに、
それを使わず海に潜るようなもの。

自分を殺しているようなもの。
死んでるように生きてた頃です。

◆すべては自分で決めている

この頃↑
どんなことも
人のせいや環境のせいにしてたけれど、
選択は常に自分自身にあり、
決定権は自分が握りしめてる。

だから、本当は誰のせいでもないんです。

やりたければすればいいし、
いやならしなければいい。

他人主導ではなく、自分がどうしたいか。

いつもどんな時もシンプル。

自分主導ではない、他人主導の人生は、
貴女が思ってるよりも多くの時間を奪っていきます。

本題に戻りますと。
ゴムをしてくれない彼を止めて説明しても良いのです。
それでセッ クスが中断されたとしても、
ゴムを付けないことが嫌なのであれば
それでいいと私は思います。

自分がどうしたいのか。
自分が彼とどうなりたい『未来』があるから
『今、どうしたい』のか。

向き合うのは彼ではなく、
自分がどうしたいのか、しっかり知ること。

私、自分の気持ちと向き合った結果、
別れることになるのが怖かったんです。
一人になるのが怖かった。

その怖さを埋めてくれているから、という
自己肯定感の低さによる気持ちが負い目になり
相手のいうことを聞いていた気もします。

私の場合、
自分らしく生きるということが幸せの定義。

自分と向き合い、自分がどう生きたいかを知り、
このような『軸』ができれば、
ブレずに相手と話ができるかもしれませんね。

でも自分を知るにはね。
自分以外の相手の存在が必要だったりするのですよ。

人に触れて自分を知る。

今だからわかること。
当時の私に言ってもきっと
経験しないとわからなかったんだろうな。って思うけれど
私と同じ思いをしていて、
抜け出したい現実がある人は、
ぜひ私に会いに来てください。

自分軸コンサルででも
オートクチュールデザインででも。

◆日程
8月7日18:30〜19:30
◆場所
京都京阪三条近く
(ご予約の方にのみ、詳細をお伝えいたします)
◆料金
¥5500
(遅い人割特典→¥7700※1)
◆人数
限定8名様→5名様
◆内容
セルフプレジャーで綺麗になれる方法
オススメのアイテムなどのご紹介
セルフプレジャーやセッ クスについて語る
ワインとチーズとヴィーガンスイーツご用意いたします。
(ノンアルコールも◎)
◆申込
①お名前②お電話番号③イリゼ秘密のお茶会参加希望
④その他、聞きたいことや知りたいことがありましたらご記入ください
*キャンセルポリシー
お申込後(参加表明後)のご返金はいたしかねますので
ご了承くださいませ。

——————————-
※1:遅い人特典
セミナー、講演会などのご案内のところに『早割』という文字を
目にすることがございます。
人と違うことが大好きな私たち(恭子さん道連れごめんちゃい)は
あることを導入しました。
それが『遅い人特典』です。
こちらも以前1度だけ目にした特典です。
あまりの斬新さに心奪われた次第です。
お申し込みが遅い人には高くなる、と言うサプライズ。
しかも値段が上がる時期は申込の状況に変わるという
なんとも男女の駆け引きのようなものにいたしました。
『早く申し込んだ方がいいよ!』なんて言いたくないんです。
セクシャルと言うことで、
急かさない、大人な特典でございます。
とはいえ、お申し込みはお早めに♡

 

information
貴女らしく 美しく
プライベートサロン
Cafune(カフネ)

▶︎▶︎▶︎サロン情報
◆営業時間 10:00〜21:00(ラスト19:30〜)
◆定休日 不定休
滋賀県内予約状況
東京・大阪予約状況
Cafuneとは
MENU
salonの場所
◆予約方法
◆キャンセルポリシー
◆プロフィール
◆施術内容
◆セクシャルセラピストって?
▶︎▶︎▶︎ご予約・お問い合わせ方法
LINE@ / @iaz0060b
友だち追加
もしくは
メールアドレス tripsalon.cafune@gmail.com
▶︎▶︎▶︎follow me!!! instagram ストーリー更新中
facebook 日々更新♡

 

投稿:

【プライベートサロンCafune】 Cafuneは『愛しき者に触れる』 というポルトガル語。 そっと優しく触れ、心身共に緊張を解き、緩めます。 緩むことでカラダとココロの感度が上がり 本来貴女の持つ曲線が蘇ります。 ◆曲線美を創る → オートクチュールデザインエステ → カウンセリングセッション (Cafuneの時間) ◆自分軸を創る → セルフプレジャー法・膣ケア・会陰ケア 性の解放が最高の自己開示と考えています。 自己開示ができ、受け入れてもらえた時 安心感に満ちます。 受け入れてもらう相手は、まずは自分自身から。 滋賀・京都・大阪・東京 ◆LINE@→@iaz0060b ※女性専門 好き♡シマリス・花・食 写真♡私が性=生命を感じるもの LINE@→@iaz0060b