【ポータブル・リラクゼーション】

柔らかで女性らしい曲線美を創り出す
セクシャルセラピストの小島慶子です。

映画【ヒステリア】の興奮冷めやらぬ間に
書きたいこと書いておこうと思います。

***

タイトルのポータブル・リラクゼーション。
これは、電動バイブレーターのことで
20世紀の婦人雑誌に美容・健康促進を謳い文句に売られていき
多くの家庭へと普及していったと言う。

なんか【ヒステリア】を見ていろいろ思い出しましたので
前回からの続きで
私のバイブ話をいたします。

***

私が初めてバイブを購入したのは
27歳の時だった(と思います)

きっかけは、自分のおりものの臭いが気になって
調べまくっていたら、
このLCコスメさんのHPにたどり着いた。

LCラブコスメ

ジャムウ石鹸(臭いが気になる方におすすめって書いてた)を
買おうと会員登録したらね。
商品一覧にグッズが増えているのです。
(会員登録しないと見られませぬ。)
そこに、ポータブル・リラクゼーショングッズが載っていたのです。

で、バイブはそれまでに
ポケベルで代用していた時期がございましたので
中の開発をしたかった私は
(膣内ね)
男性のモノを形取ったモノを購入したのですよ。

というのも、
中が感じなかったので
当時付き合っていた人に
『おかしいんじゃない?』って言われたから。
臭いを気にしたのも、
この人に臭いと言われたから。
※のちに病院行ってもその時も日常も臭くないし
結局ストレスだったことが判明

拒否臭が教えてくれたこと←ブログはこちら

感じない私はおかしいから
どうにか感度を上げるために購入したのに
いざ使って見ても
全く良さがわからず
そのまま眠気に負けて
気付けば朝になっていたことも1度ではない。
(電池切れたことにも気付かず爆睡)
数回使ってよくわからなかったために
このバイブを破砕ゴミで出したのは言うまでもない。

今の仕事をし始めてわかったのは、
中で感じないのは特におかしいことではなく
膣や膣口周りの筋肉が硬ければ
いろんなものの感じ取り方が鈍いのは当たり前で
あの時の付き合っていた人をどついてやりたい衝動にかられたことは
言うまでもない。


ある程度大人になってから付き合った人と
にゃんにゃんな夜に
おもむろにローターを出されたことがあり、

恥ずかしいけど嬉しい、
恥ずかしいけど使ってみたい

という気持ちがいっぱいだった。
この時初めて
『女性なのにエロくてもいい自分』を認めてもらった気がした。

ポータブル・リラクゼーションという総称の方が
やはり女性としては使用しやすい気はするな。

 

information
貴女らしく 美しく
プライベートサロン
Cafune(カフネ)

▶︎▶︎▶︎サロン情報
◆営業時間 10:00〜21:00(ラスト19:30〜)
◆定休日 不定休
├滋賀県内予約状況
├東京・大阪予約状況
◆Cafuneとは
◆MENU
◆salonの場所
◆予約方法
◆キャンセルポリシー
◆プロフィール
◆施術内容
◆セクシャルセラピストって?
▶︎▶︎▶︎ご予約・お問い合わせ方法
LINE@ / @iaz0060b
友だち追加
もしくは
メールアドレス tripsalon.cafune@gmail.com
▶︎▶︎▶︎follow me!!! instagram ストーリー更新中
facebook 日々更新♡

 

投稿:

【出張サロンCafune】 Cafuneは『愛しき者に触れる』 というポルトガル語。 そっと優しく触れ、 心身共に解きほぐします。 跡に残らない、赤くならない手法で 小顔や美ボディを創ります。 日常の美活の他、 ブライダル・showやメイク前にも◎ 提携サロン様募集中 LINE@→@iaz0060b

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください