【なぜセクシャルセラピスト?】

柔らかで女性らしい曲線美を創り出す
セクシャルセラピストの小島慶子です。

昨日、先輩にお誘いいただき
異業種交流会へと行ってきました。

昔は外に出てっていろんな人に会うのが楽しいと感じていた。

でも最近は(ここ6〜7年)
あまり大勢の中へいくことはなかった。

で、こうなったのってなんで?と思い返してみると

『男あさりに行くんか』
『キラキラした場所ばかり行って羨ましがられたいんか』

と、言われたことがきっかけだったことに気付いた。

そう思われたくなかったから
外に出ることをどんどん辞めていったけど
無意識のクセに気付けたし、
今は『自分はどうしたいか』で動けるようになったので
行ってきました。

あまり聞きなれない私の職種が手伝ってくれ、
ご縁ある方々や
お会いしたかった方とも繋がれ、
(↑隣の席だった♡)
なんかとても楽しい時間を過ごせました。

その中で、
ある一人の男性が超興味を持ってくださり

どうして今の仕事をされて、続けておられるんですか?

と、いろいろと掘り下げて質問してくださいました。

***

このサイトのプロフィールにも書きましたが
20代前半では性的暴行、
そして30代突入してからは暴行、精神的暴行を受け続けてきました。
幼少期には、自分が良かれと思ってしたことも
相手の期待通りではなかったのか
いつも怒られてばかりでした。
人の顔色を伺いながら
聞き分けよく生きてきたんです。
(私なりにね)

否定され続けた中で
『自分はおかしい』と思うようになり
人の意見が正しいと考えるようになったのです。

ある時、
あまりに信用してくれない相手に悲しくなり、
真実を訴えたことがあったのですが、
それが面白くなかったのか
事実でないことなどSNSを使って言われたり
(私のサイトをシェアしたりね)
高圧的な内容のメールがやってきたりして
なんの仕打ちかわからず、怒ることもできず、
嫌われることを異常に怖がっていた私は
その人に嫌われないよう、SNSで何か言われないよう
相手のいうことを自分の考えだと思い込み、
逃げられない現状を受け入れようとしました。

でも、もう我慢の限界に来ていたので
自殺を考えたんです。
手首を切れば死ねるのかな。
死ねば許してもらえるのかな。
死ねば悪く言われないのかな。

でも

手首切るの痛いし、
死ぬ勇気もない。

自分の人生なのに
自分と言う人間を殺して生きてるって何してるんやろ、
私、まだまだやりたいことある!

と思い、その人達から逃げたんです。

それからしばらくは
自分が何をしたいのか
何が食べたいのかさえもわからない状態が続きました。

その頃に

『膣の状態で女性のボディラインは変わる』

と言うことを教えてもらい、
とにかく何がやりたいかわからなかった私は
この言葉に興味を持ち、
膣ケアやセルフプレジャー(オナニー)をし始めました。

それまでのセルフプレジャーは陰核(クリ トリス)ばかりで
膣に自分の指を入れることはなかったのですが
女性にしかない膣で、自分にもあるのに
その状態を知らないのはセラピストとしてダメなんじゃない?と思い
(↑こんな言い訳がなければできなかったw)
膣も触り始めたんです。

そしたらいろんなことが起こり始めて。

翌月の生理が来た時、
いつもなら生理5日前頃から始まる暴食がなくなってたり
イライラが少なくなってたことに気付いたんです。
おりものの量も少なくなったし
下半身の冷えや
カラダの冷えも感じることが少なくなってた。
※ちなみにセックス中に濡れてるのは
感じてるからじゃない場合もあるんだyo

セルフプレジャーして、
こんなにもカラダが変わるなんて思ってなかったし
膣が柔らかくなるってすごいなーって思って。

膣が硬い時って
自分の感情や感覚が鈍くなってる時。
気付かない方が都合の良い場合もあるから。
でも、
膣が柔らかくなると
いろんな感情に気付き始める。

私はそれで
自分の感情に蓋をしてたことに気付いた。

どんな私でも
押さえつけないでそのままでいさせて欲しかったんだなー
と。

***

してない浮気を疑われ続け
ヤリマン・パン子・男好き・誰とでもセックスするクソ女
などなど、当時付き合っていた彼に
こういった言葉を言われ続け、
一途であることを証明したくて、これらを否定してきました。

不安だから安心させれ欲しいと言われ、
言う通りにしてきたけれど
どれだけ相手の思うようにしても不安は消えず
求められる内容は増えていくばかり。

ようやく
『話せばわかる』
は、万人に通じるものではないことがわかった。

セルフプレジャーをすることや
セックスが好きなことは
女性が抱いてはいけない感情で
恥ずかしいことで、
ダメなことなんだと思ってたことに気付きました。

人として当たり前で健全なことで
(三代欲求の一つだし)
楽しみの一つでもいいということに
やっと自分で許可が出せたんです。

性って人間の本質が出るものだし、
快楽を求める当たり前の行為。

本来の自分を出した時、
それを受け入れてもらえることが何より嬉しい。

性欲だけでなく、
自分のどんな姿も受け入れてもらえなくて悲しかったことに気付いた。

相手の望む自分じゃないと
受け入れてもらえない世界なら
好んでそこに居る必要はない。

そしてまた、

本来の自分でいて
それを受け入れてくれる世界がある

それを実際に体感してきた。

気付いたら、
自分の軸ができていた。

『これがワタシ』

セルフプレジャーは
自分だけを考えれば良い。
誰の入る隙もない。

誰かのためじゃなく、
自分のため。

『自分のことばっかり』
自分のことばかりがいけないことじゃない。
『人に迷惑かけないように』
迷惑と感じる人もいればそうじゃないと感じる人もいる。

自分じゃない誰かはたくさんいて、
そのたくさんの迷惑を考えていたら
何もできない。

***

自分に集中してセルフプレジャーすることで
自分の『快・不快』がわかるし、
それがパートナーとのセックスにも生きてくる。
女性が感じたり気持ちよくなっていることで
喜ぶ男性も多い。

そしたら、
日常生活でも
何がしたい、何がしたくない
と言う、自分の好みがわかってくる。

***

セルフプレジャーやパートナーとのセックスが好きで
それで自分の軸ができ、
世の中の見え方が明るくなった。

自分が体験してきたいろいろが
誰かの何かのきっかけになったら嬉しい。

っていう想いでセクシャルセラピストしてます。

 

information
貴女らしく 美しく
プライベートサロン
Cafune(カフネ)

▶︎▶︎▶︎サロン情報
◆営業時間 10:00〜21:00(ラスト19:30〜)
◆定休日 不定休
├滋賀県内予約状況
├東京・大阪予約状況
◆Cafuneとは
◆MENU
◆salonの場所
◆予約方法
◆キャンセルポリシー
◆プロフィール
◆施術内容
◆セクシャルセラピストって?
▶︎▶︎▶︎ご予約・お問い合わせ方法
LINE@ / @iaz0060b
友だち追加
もしくは
メールアドレス tripsalon.cafune@gmail.com
▶︎▶︎▶︎follow me!!! instagram ストーリー更新中
facebook 日々更新♡

 

投稿:

【プライベートサロンCafune】 Cafuneは『愛しき者に触れる』 というポルトガル語。 そっと優しく触れ、心身共に緊張を解き、緩めます。 緩むことでカラダとココロの感度が上がり 本来貴女の持つ曲線が蘇ります。 ◆曲線美を創る → オートクチュールデザインエステ → カウンセリングセッション (Cafuneの時間) ◆自分軸を創る → セルフプレジャー法・膣ケア・会陰ケア 性の解放が最高の自己開示と考えています。 自己開示ができ、受け入れてもらえた時 安心感に満ちます。 受け入れてもらう相手は、まずは自分自身から。 滋賀・京都・大阪・東京 ◆LINE@→@iaz0060b ※女性専門 好き♡シマリス・花・食 写真♡私が性=生命を感じるもの LINE@→@iaz0060b

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください