【膣トレと膣ケア】

柔らかで女性らしい曲線美を創り出す
セクシャルセラピストの小島慶子です。

さて…

膣ケアの方法が知りたいと言うお客様とお話ししている中で
『膣ケア』と『膣トレ』のニュアンスの話になりまして。

私の印象では

トレーニング=
力強い感じ
頑張るイメージ

ケア=
ソフトな感じ
無理なく自然なイメージ。

トレーニングが練習で、
ケアは自分に対しての心遣い。労わり。

なんとなく
前者男性的
後者女性的
そんなイメージ。

***

膣の良い状態って
柔らかで潤いがあり、弾力のある状態。
この状態が濡れすぎなくなったり
この状態にするために
膣ケアやセルフプレジャー(オナニー)をします。

このお客様に
膣ケアの方法をお伝えしてたんですけど
『○をだいたい3〜5回ほど繰り返して、、、』
と、目安を伝えると
『トレーニングに思える〜!笑』と。

確かに私も
最初は超義務的で
トレーニング状態だったことを思い出しました。

膣を良い状態にするには
リラックス感じることが大切。
(膣だけに限らずカラダ全体大切)

頑張ると、硬くなってしまう。

ですが、
できなかったことをできるようにしようとすると
最初はトレーニング(練習)になるし、
頑張ってしまうもの。

だって。

最初から
オリンピック選手には

なれへんのですわ。

私は、練習やトレーニングを経て
今はリラックスしてケアができています。

感じることも、
最初は恥ずかしかったけど
今では声を出すことは
完了後の爽快感へ繋がるし、
決して恥ずかしいことじゃないし、
1人エッチも2人でするセックスも
スローで良いのです。
激しくするのが当たり前じゃない。

で、セルフプレジャー(オナニー)をするのって
いやらしいイメージありますけど、
みんな少なからず、そんな一面があるので
変ではありません。

淫乱って言葉があるけど、
これ、女性だけに向けた言葉じゃないんですよ。

これを言われたくないが為に抑えてた事もありましたが、楽しめないので今は抑えるのやめました。

***

セックスは2人で楽しむもの。
男性に対して要望はあれど、
自分が何が良いかを説明できるようになっていると
より楽しいものに作り上げられますよね♡
(↑余談♡)

感じること=女性であることを体感
その体感が色気に繋がる。

ささ、話戻しまして…

トレーニングやらケアやらと申しましたが、
どちらが良い悪いとか
正しい間違いってことではなく、
どういうカラダにしたいかで選ぶと良いですね。

普段、いろんなことに頑張っている人は
少し、力を抜いてみることも必要なので
『ケア』をお勧めします。
まずはご自分のカラダに優しく触れるところから。
力入れたり早いテンポで触れると、
筋肉はもちろん、
皮膚まで硬くなるので気をつけてくださいね。

私は昔、
いつも攻撃されると思って
どんなこと言われても傷つかないように
全身(心にも)力を入れていたし、
カラダがとても直線的でしんどかったのですが、
ケアを初めて力が抜け、
とても楽になりました。

もし、ダイエットなど、
今まで頑張っても何も結果が出なかった人は
緩むことが必要かもしれませんね。

ぜひCafuneへお越しくださいね。

***

ちなみに、
頑張るの反対語は
『感謝』なんだって♡

information
貴女らしく 美しく
出張サロンCafune(カフネ)
▶︎▶︎▶︎サロン情報
◆営業時間 レンタルサロンに準ずる
◆営業日 出張サロン日
滋賀県内予約状況
東京・大阪予約状況
MENU
salonの場所
◆予約方法
◆キャンセルポリシー
◆プロフィール
◆施術内容
◆セクシャルセラピストって?
▶︎▶︎▶︎ご予約・お問い合わせ方法
LINE@ / @iaz0060b
友だち追加
もしくは
メールアドレス tripsalon.cafune@gmail.com
▶︎▶︎▶︎follow me!!! instagram ストーリー更新中
facebook 日々更新♡

投稿:

【プライベートサロンCafune】 Cafuneは『愛しき者に触れる』 というポルトガル語。 そっと優しく触れ、心身共に緊張を解き、緩めます。 緩むことでカラダとココロの感度が上がり 本来貴女の持つ曲線が蘇ります。 ◆曲線美を創る → オートクチュールデザインエステ → カウンセリングセッション (Cafuneの時間) ◆自分軸を創る → セルフプレジャー法・膣ケア・会陰ケア 性の解放が最高の自己開示と考えています。 自己開示ができ、受け入れてもらえた時 安心感に満ちます。 受け入れてもらう相手は、まずは自分自身から。 滋賀・京都・大阪・東京 ◆LINE@→@iaz0060b ※女性専門 好き♡シマリス・花・食 写真♡私が性=生命を感じるもの LINE@→@iaz0060b

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください