【ラブドラッグ】

柔らかく女性らしい曲線美を創り出す
セクシャルセラピストの小島慶子です。

何気なく買った本。
新天地に行く際、
自分にいるかいらないかを
読んでどうするか決めようと思い、
中を読むと、
自分が経験した事とリンクする部分がたくさんあったので
この本から教えてもらった事をシェアします。

***

とてもしんどい恋愛なのに
ずるずる関係を続けてしまって
自分がすり減っていく。

別れたいのに別れられない。

でも
つい彼とのセックスを受け入れてしまい
彼との関係がずるずる…

これって、
セックスの際に分泌される
「相手との絆を深める作用のあるオキシトシン」

が、影響してる。

いい相手とのセックスは
カラダを重ねれば重ねるほどに
相手に対する信頼度が高まり
信頼関係を築けるけれど、
別れたい相手とだと
「自分を満たしてくれるこの人は、
やっぱり必要だ」という気持ちになってしまう。

セックスをする度に偽りの愛情が創り出され、
本当の愛情だと勘違いしてしまう可能性もある為、
【ラブドラッグ】と言う別名がついてる。

↑の情報を理解する事で
依存や中毒を断ち切れる事もある。

***

過去に
セックスに溺れた?と思った経験があった。
とある男性の事が好きだけど別れたい。
でも別れられずにずるずるいた。

セックスをする事でしか安心感が得られないと言う彼。
どんなにしんどい時でも、
どんなセックスでも、
応じないと途端に浮気を疑われるので
当時は応じるしかないと思ってた。

でも、どんなに逃げたい相手でも
この人と別れたら
私は崩れてしまう
そう思ってた。
1人に耐えられないって思ってたんだと思う。

それでももうしんどくて
その環境にいる事は
自分を殺す事と同じだとわかり
それ以降の人生を自分を殺して過ごす事なら
死んだ方がマシだと思い、
手首を切ろうかと思った。

でも、
自分の人生
そんな事で自ら手放したくなかった。

だって、まだ死にたくなかったし
痛いの嫌だったから。

逃げてしばらくは
何も感じなかった。
しんどさを感じないようにしていたのかもしれない。

それから自分の感情を取り戻すまで半年。
割と早い方だった気がする。

それ以降、
私を大切にしてくれる人に
たくさん出会えたし、
カラダを大切に、優しく扱ってくれる
パートナーも見つかった。

今の状況を変えるには
自分の今からの行動を変えていくしかない。
自分がどうなるかわからないけど
少なくとも、今のしんどさからは解放される。

逃げて良いし、
逃げられる。

逃げられないと思ってるのは
案外、自分だけかもね。

投稿:

【出張サロンCafune】 Cafuneは『愛しき者に触れる』 というポルトガル語。 そっと優しく触れ、 心身共に解きほぐします。 跡に残らない、赤くならない手法で 小顔や美ボディを創ります。 日常の美活の他、 ブライダル・showやメイク前にも◎ 提携サロン様募集中 LINE@→@iaz0060b

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください