【】

タイトル、
なんて書いて良いかわからなくて
カッコだけにした。

最近涙腺が弱くなった。

自分のダメなところを身近な人に見せた時
ふわっと力が抜けた。

私にとって
身近な人っていうのは両親でした。

変なところ意固地で
無駄に格好つけてた。

なーんにも心配されたくなくて
自分がしっかりして、
何も突っ込まれないように
隙のない、そして話しかけられる柔らかさをなくしてた。

家に帰るのも嫌だった。

何かしゃべる時に、
聞かれたくない事を質問されたら
ココロが強張るから。

強いフリしてた。

ずーっと緊張状態だったと思う。

自分のダメなところ、
闇だと思うところを見せても
両親は何も変わらなかった。

それどころか、
愛に溢れていた事に気付いたし
感謝が溢れた。

やっとリラックスできる気がする。
最近よく笑うようになった。

何者にもならんで良いし、
何も装わなくて良い。

以前、友達に

おけいはかっこつけやねん

って言われて、何がやろ?って思ってた。
それが、どれかがわかって腹がすわった。

ありがとうね。

交感神経が優位な女性は
今、とても多いです。
交感神経が優位だと
体は男性のように直線的になります。
そして硬くなる。

外からのストレスを受けても、
ココロがダメージを受けないようにしていると
カラダや感情が硬くなる。

世間の当たり前や、身近な人の当たり前に、
自分を当てはめる事なんてしなくて良く。

そもそもその当たり前も、『その人達の当たり前だ』と、自分で勝手に思い込んでるものかも知れない。

人の声ばっかり聞いて、
一番肝心な自分の声には
いつ向き合うんだろう。

貴女のココロは、
カラダに現れる。

2人の子供で良かったと思う。

鎧が軽くなった。

ゆっくり寝られそう。

Posted by

【プライベートサロンCafune】 Cafuneは『愛しき者に触れる』 というポルトガル語。 そっと優しく触れ、心身共に緊張を解き、緩めます。 緩むことでカラダとココロの感度が上がり 本来貴女の持つ曲線が蘇ります。 ◆曲線美を創る → オートクチュールデザインエステ → カウンセリングセッション (Cafuneの時間) ◆自分軸を創る → セルフプレジャー法・膣ケア・会陰ケア 性の解放が最高の自己開示と考えています。 自己開示ができ、受け入れてもらえた時 安心感に満ちます。 受け入れてもらう相手は、まずは自分自身から。 滋賀・京都・大阪・東京 ◆LINE@→@iaz0060b ※女性専門 好き♡シマリス・花・食 写真♡私が性=生命を感じるもの LINE@→@iaz0060b

コメントを残す