過食症が教えてくれた事【同じ思いを味わわせる】

毎日しんどくてしんどくて
身体が浮腫んでしんどいのもありましたが
食ベる事が止まらず、
本当にしんどかったです。

食べるの怖いのに
食べ始めたら
取り憑かれたように
早いスピードで食べていました。

どうにかしたくて
この過食症の事を知ろうと
過食症の本を買いました。
そこには当人の問題ではない事が書かれていました。
もちろん、他の事も書かれていたと思いますが
当時の私にはそれは関係なく、
ただただ自分のせいじゃない事を証明したかったのだと思います。
母に読むように押し付けました。

『母親の責任やで』と。

 

なんで私だけこんな辛い思いするんだろう?

大量の食材で家族にご飯を作り
残さず食べる事を強要しました。

そうする事で、
私のしんどさを知ってもらうつもりだったんでしょうか。

投稿:

【プライベートサロンCafune】 Cafuneは『愛しき者に触れる』 というポルトガル語。 そっと優しく触れ、心身共に緊張を解き、緩めます。 緩むことでカラダとココロの感度が上がり 本来貴女の持つ曲線が蘇ります。 ◆曲線美を創る → オートクチュールデザインエステ → カウンセリングセッション (Cafuneの時間) ◆自分軸を創る → セルフプレジャー法・膣ケア・会陰ケア 性の解放が最高の自己開示と考えています。 自己開示ができ、受け入れてもらえた時 安心感に満ちます。 受け入れてもらう相手は、まずは自分自身から。 滋賀・京都・大阪・東京 ◆LINE@→@iaz0060b ※女性専門 好き♡シマリス・花・食 写真♡私が性=生命を感じるもの LINE@→@iaz0060b

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください